ラベル

American (1) apartment (12) bathroom (4) bed (1) color (2) colorful (7) coordinate (22) cushion (3) DIY (3) elegant (1) Good Design (2) hotel (1) industiral (1) interior (10) Japanese Style (1) kids (4) kitchen (1) lag (2) links (11) loft (4) luxuary (4) modern (13) natural (2) Nordic (2) pop (3) renovation (4) reuse (1) shop (2) small (3) sofa (3) storage (4) stylish (4) table (3) texture (2) tips (1) traditional (2) urban (10) victorian (3) woody (2)

家の中心で何を叫ぶ?



  三井住空間デザインコンペを知ってから、過去を遡って受賞作品を一点ずつ見て回りました。それぞれ素晴らしいもので、しかし・・・国民の2割くらいの富裕層がターゲット?みたいのが多かったですね~w

  中に一点だけ、2008年第5回の作品です。設計者の倉本剛建築設計事務所の作品集から、画像を引用させていただきます。パークホームズ成増マークレジデンス130号室がその実物です。現在は住んでいる家族があります。



  タイトルが「机ギャラリーがある住まい」です。何人家族でしょうか、全員が一遍に座って勉強や作業ができます。この机が折りたためるでしょうか、ワクワクして来ますねw



  家の中心には全員の寝室、そして、オープンなサニータリーはこの上なく開放感があるのだが、実際使うのはどうなんでしょう、気恥ずかしい~(#^.^#)



  キッチンから部屋全体を見渡せるので、お母さんは安心(^^♪スポットライトアーバンライフを照らしてくれそうですw



  こちらはバルコニーから見たマンション室内の様子です。リビングはとってもシンプルに機能します。日本離れしているセンスですね~このようなマンションなら、住んでみたいと思いますか。家の中心で眠る、稀なデザインです。

  そう言えば、ほかの作品の中で、家の中心に蔵?大きな四角い物置?がある家もありました。
デザインはなかなかなものですが、風水的に、家の中心は家族が生活する場所であり、一家の大黒柱の象徴であり、物置は無機質で・・・お蔵入り?と言う言葉があります。

  大黒柱に元気で働いて貰いたいなら、家族全員が健康で生き生きと生活するなら、家の中心に蔵や物置はタブーです。