ラベル

American (1) apartment (12) bathroom (4) bed (1) color (2) colorful (7) coordinate (22) cushion (3) DIY (3) elegant (1) Good Design (2) hotel (1) industiral (1) interior (10) Japanese Style (1) kids (4) kitchen (1) lag (2) links (12) loft (4) luxuary (4) modern (13) natural (2) Nordic (2) pop (3) renovation (4) reuse (1) shop (2) small (3) sofa (3) SOHO (1) storage (4) stylish (4) table (3) texture (2) tips (1) traditional (2) urban (10) victorian (3) woody (2)

ロンドンの小さなデザイン会社がコーディネートしたインテリア



  ロンドンにある女性二人で作った小さなデザイン会社 FORBES RIX (お二人のお名前に由来する)がコーディネートしたインテリアは、なかなか趣があり、気に入っています。一人は建築デザイナーでもう一人は美術学校出身のデザイナー、それぞれのインテリアに対する美的感覚が融合しながら、仕事をしているんですね。

  どんなインテリアをコーディネートしたのか、上記リンクより画像を引用して、みてみましょう。

  白いキッチンは清潔感があって好きですが、日ごろのクリーニングには気を使います。アイランドの上にあるのはシンクではなく、ガスコンロです。料理しながら会話できて食べられるスタイルですか?仕事を持っているキャリアウーマンの合理的なレイアウトです。



  キッチン横にあるちょっとしたデスクワークスペース、実はこれ!主婦には非常に大切なスペースです、女性ならではの気づかいですね。



  ダイニングの家具は木製で、白い室内のアクセントになっています。



  リビングに本棚を置く派と置かない派?みなさんはどっち?共有できる書籍があるから、あると読むのも片づけるのも、主婦にとっては便利です。書籍自体もインテリアになりますね。



  こんな丸いガラスの採光コーナーが大好きです。ここで気づいて欲しいのですが、窓は床までの長さではないのに、天井から床までの長いカーテンを使い、このコーナーにローシートを作りこまずに、少し離れてソファを置いてます。これは部屋を広く見せる有効な手法ですので、覚えて置きましょう。



  ベッドルーム、額縁付きの大きな鏡と、たくさんの小さな額縁だけで飾っています。実はこれも部屋を大きく見せるテクニックの一つです。



  子供部屋の一面をワールドマップでコーディネートしていますね。知的インテリアと同時に子供の勉強にも役立っています。



  子供用の学習机ではなく、普通にデスクワークで使う木製ロングデスクを使い、壁面に見せる収納棚を作り付け、子供が成長しても、ずっと使えます。エコで地球にやさしいです。



  もう一つの子供部屋は、きっとスターウォーズの大ファンがリクエストされたインテリアなんでしょう。

  美的感覚だけでなく、色々と細かく計算されたインテリアだと思います。プロの技を幾つか勉強になりましたので、さっそく我が家でも応用してみようと思います。